調理師免許 受験資格

調理師免許の受験資格

調理師免許を受験するために知っておかなければいけないのが、
学歴と職歴が必要であるということです。

 

つまり調理師免許を取得する時または受験しようとする際に
必要な職歴とは調理業務を経験しているということで
具体例でいうなら満2年以上の実務経験が必要と言う事になります。

 

その中で例えば飲食業あるいは魚介類の販売業等または
惣菜製造業等許可を受けている施設での実務経験が必要となります。

 

他には給食センターなどで実務経験があるなども
受験資格があるということになります。

 

ただし給食センターなどの場合、1回20食または1日50食以上の
給食を作っていたという実務経験も調理師免許受験資格に
必要となる職歴にあたります。

 

また職歴となる実務経験には調理業務従事証明書が
必要となりますので覚えておきましょう。

 

実務経験の職歴の中には、飲食店経営あるいは皿洗いなど
調理に関わっていなかった場合は実務経験としては認められず
デザート、パン等の製造のみの経験では実務経験の職歴とはなりませんので、
調理師免許を受験したいと希望の方はご注意ください。

 

この他認められない実務としては、パートで働いていた場合や
アルバイト等も実務経験とはなりませんのでご注意ください。

 

ただし認められないアルバイトやパートについても
週当たりに4日以上働き、1日6時間以上の継続して従事していた際には
調理師免許の受験資格に必要な職歴となる場合もありますので
自分はパートだが時間は規定時間に達しているという方は確認してみましょう。

 

この他にも栄養士や看護師、または保育士の職種で
調理業務に従事していた期間というのは、
受験資格の職歴にはあたりませんし、

 

研究期間での食品開発業務のために調理業務に就いたというかたも、
実務経験として認められませんので、調理師免許の受験を考えている
皆さんはよく確認してから受験するほうがよいでしょう。

 

調理師免許を取得するには、ユーキャンの調理師講座がおすすめ。

 

まずは無料で資料請求を。

 

見るだけでもためになる調理師通信講座の
内容をまずはチェックしてみましょう。

 

ユーキャン調理師免許の通信講座の資料請求はこちらをクリック

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【スマホ用】ユーキャンの調理師講座

 

【PC用】ユーキャンの調理師講座