製菓衛生師

製菓衛生師

製菓衛生師とは、製菓衛生法に基づいて製菓技術者の資質向上や
製菓技術者の研鑽等公衆衛生や向上することを目的に考えられ、
菓子製造業者には持つべき資格です。

 

製菓衛生師になるためには、製菓衛生師免許の取得が必要ですから、
製菓衛生師試験を受けなければいけません。

 

製菓衛生師試験の受験条件として、高等学校の入学資格がある方、
厚生労働大臣の指定している製菓衛生師養成施設で1年以上の製菓衛生師の
知識や技能を修得している方、2年以上菓子製造業に従事した方等の条件があります。

 

これらどれかがあてはまる方は試験を受けることができます。
製菓衛生師試験の実施は各地により異なりますので
受けたいという方は確認してみましょう。

 

注意点として、製菓衛生師の試験合格した方でも免許を受け取らないうちは
成果衛生師とは認められませんので気をつけましょう。
試験合格したかたは、都道府県知事の免許を受け取ることではじめて
製菓衛生師となります。

 

また免許申請手続きとして、住所地などを管轄している都道府県に行なうこと、
また書類などを提出するかたちとなります。
必要な書類は現在では申請書がインターネットによりワード形式または
PFD形式でダウンロードできますので活用してみるのもよいでしょう。

 

この他、戸籍抄本や住民票の写し等が必要となり、
医師からの診断書も必要となります。
医師からの診断書については麻薬やあへんの中毒者でないかの判定です。
この他手数料として約5000円ほどがかかるようです。

 

調理師免許を取得するには、ユーキャンの調理師講座がおすすめ。

 

まずは無料で資料請求を。

 

見るだけでもためになる調理師通信講座の
内容をまずはチェックしてみましょう。

 

ユーキャン調理師免許の通信講座の資料請求はこちらをクリック

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【スマホ用】ユーキャンの調理師講座

 

【PC用】ユーキャンの調理師講座