調理師免許の試験問題

調理師免許の試験問題

調理師試験の特徴として勉強していれば、
必ず合格しやすい試験といわれています。

 

当然怠けてしまった人は、合格するかといえば
やはりそう簡単には取得できる免許、試験ではありませんので、
しっかりと各科目ごとにポイントを踏まえ努力することが必要です。

 

試験概要としていえることでは、まず試験は筆記で行なわれるということ。
この際に実技はあるのかと思われますが、この試験には実技はありません。

 

また試験問題はすべてにおいて択一式になっています。
試験実施は各地域により日にちが異なりますので、かけ持ちの受験も可能になります。

 

つづいて試験科目は7科目となり、食文化概論・栄養学・衛生法規・
食品学・食品衛生学・公衆衛生学・調理理論の7科目となりますので、
やはり試験日までコツコツと努力することが大切ですね。

 

調理師免許試験の実施については、各都道府県の衛生主管課がおこなっていますが、
いずれにしても試験に向け頑張っていただきたいと思います。

 

ただ、調理師試験の場合、合格定員が決まっていないので、
合格点数をある程度取れれば合格できますので努力すれば、
必ず受かることができる試験です。

 

調理師試験の問題は先程ご紹介したようにすべて、
4択問題となっていますので多くの問題を勉強し文のクセなどに
慣れておくとよいようです。

 

文章中に紛らわしい表現の問題もありますので、
まず慣れるために数多くの問題や言い回しを
ポイントとして抑えておくとよいでしょう。

 

問題としては、栄養学では栄養素の知識または調理の工夫等
調理師にとっての大切な知識問題ですから入念に勉強しておきましょう。
衛生法規では、法規ですから規定されている衛生についてを
理解しながら憶えなくてはいけません。

 

その他食品学や食文化概論などありますが、いずれも食や衛生、
文化についてを勉強しておくことが大切です。
その他の科目についても、添加物や食中毒に関した問題、
調理する器具の扱い等を勉強しておく必要があります。

 

調理師免許を取得するには、ユーキャンの調理師講座がおすすめ。

 

まずは無料で資料請求を。

 

見るだけでもためになる調理師通信講座の
内容をまずはチェックしてみましょう。

 

ユーキャン調理師免許の通信講座の資料請求はこちらをクリック

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【スマホ用】ユーキャンの調理師講座

 

【PC用】ユーキャンの調理師講座