食品衛生管理者

食品衛生管理者

食品衛生管理者とは、簡単にいうと食品等の製造加工の過程で
管理する管理者をいいます。

 

例えば食品製品や乳製品等、他には食用油脂や放射線照射食品において、
加工する施設での管理や指導を行なうと同時に、食品衛生法に
違反していないかなどを確認し、違反がある場合は指導をします。

 

食品衛生管理者は、通常任用資格以外は講習会等で取得しますが、
講習会とは厚生労働大臣に登録されている講習会を終了する必要があります。
調理師免許を取得する方々はやはり、この食品を管理する
食品衛生管理者も取得しているほうがいいでしょう。

 

食品衛生管理者を取得したいという方は、詳細情報として高卒以上であり
実務経験が3年以上の方と規定されています。
講習科目については一般共通科目及び専門科目となります。
講習日や講習地は講習会により異なりますので確認してみましょう。

 

食品衛生管理者の資格要件として医師、歯科医師、薬剤師の他医学、
歯学、獣医学等の過程を修め卒業した方他、厚生労働大臣の登録を受けた
食品管理者の養成施設の所定過程を終了した者となります。

 

この他にもいくつか資格要件がありますので、
食品管理者の取得をお考えの方は確認してみるとよいでしょう。
開催期間やその他についてはインターネット等でも、
食品衛生管理者で検索してみると紹介されていますので確認してみましょう。

 

ちなみに受講料については350000円となっていますが、
受講の際に再度確認ください。

 

食品衛生管理者は食品を扱う仕事において活躍できる場があり、
ハムや食用油脂などのメーカーあるいは加工会社などで衛生面を
管理したり指導を行ないます。

 

食品衛生管理者は、ご自身でレストランなどを
開業したいとお考えの方にも、食品の安全を学ぶためにも
養成施設などで講習会を受講することもあるようですが、
やはり飲食業や食に関わるお仕事を目指す方には必要な資格ではないかと思います。

 

調理師免許を取得するには、ユーキャンの調理師講座がおすすめ。

 

まずは無料で資料請求を。

 

見るだけでもためになる調理師通信講座の
内容をまずはチェックしてみましょう。

 

ユーキャン調理師免許の通信講座の資料請求はこちらをクリック

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【スマホ用】ユーキャンの調理師講座

 

【PC用】ユーキャンの調理師講座